ブラジルワールドカップの新しい顔、ハイメ・ロドリゲスがコロンビアの敗退とともに大会を去ることになったが、そのコロンビアを破り、ベスト4に進出したブラジル代表の顔、いや今大会の看板選手だったネイマールも今後の試合には出場できなくなった。

コロンビア戦で相手選手のタックルを受けて負傷したネイマールは、試合途中に担架でピッチ外へ運び出されたが、その後の病院での検査で脊椎骨折と判明。チームドクターは、「手術をするほどひどくはないが、固定をする必要があり、回復まで少なくとも数週間はかかる」と話している。