09_tatsuya_1FW第4回「楽しさと厳しさと」



----------------------------------------------------------------------

 新潟へ来てもう半年が過ぎました。
 サッカー面での環境も素晴らしいけれど、新潟は本当に生活がしやすい街です。お米はもちろん、お魚も美味しいし、本当に充実しています。ただひとつ問題というか、まだ慣れていないことがあります。それは練習場までの運転。
 僕は車の運転がそれほど好きじゃないので、レッズ時代は5分くらいで練習場に到着していたんです。でも今は30分ちょっとかかるので、その移動が面倒というか……。まあこれもだんだん慣れていくんだろうなと思っています。


 5月18日の大分戦でやっと今季リーグ戦初ゴールを決めることができました。試合には負けてしまったけれど、「ゴールおめでとう」とたくさんの方から祝福をいただき、喜びとともに、「もっともっと活躍しなくちゃいけないなぁ」と改めて感じました。

 それでもリーグ中断前に決められたことで、ホッとした気持ちもあります。ずっと起用してもらっているのに、ゴールが決められないという現実に、焦っていたわけではないけれど、やっぱり「早くゴールを」という思いがずっとありました。サポーターの声援に応えるにはやっぱりゴールが一番だから。
 ゴールデンウィークの連戦は、自分にとっても何年ぶりだろうという過密日程でした。多少プレーの質が落ちた部分もあったと思うけれど、それでも、乗り越えられたというのは、フィジカル面で大きな自信を得られました。

 シーズンが始まって、徐々にチームとしていい形が作られるようになりましたが、最後2連敗(大分戦、川崎F戦)してしまったのは、アルビのこれからの課題が浮き彫りになったかなと感じています。いろいろな課題があるけれど、先制点を取られてしまう試合が多いというのは、僕ら攻撃陣の責任でもあります。僕らにもチャンスがあるわけだから、そこでしっかりと決められるように、もう一度攻撃のコンビネーションの質を高めていきたいと思っています。

 
 リーグ戦中断期に少し長いオフがあったので、埼玉へ行ってきました。 
 ちょうど日本代表が合宿をしていたので、ホテルでハセ(長谷部誠)にも会ってきました。オジェック監督(オーストラリア代表監督)にも会いたかったのですが、これは実現しませんでした。

 ハセはひとつ下の後輩です。今では日本代表のキャプテンだし、レッズ時代とはハセの立場も変わったかもしれないけれど、僕とハセの関係はなにも変わらない。僕にとってのハセも変わらないですね。少し生意気なかわいい後輩っていうのかな。生意気というか、負けず嫌いで、熱血漢なところがカワイイなぁと思います。僕もあいつに負けないくらい負けず嫌いですけど、ね。

「なにやってんの。オウンゴール決めちゃって」
 ブルガリア戦のハセのオウンゴールについても、速攻でイジりました(笑)。
 でもあの試合があったから、代表チームもアイツも締まってよかったんじゃないかって思います。やっぱりワールドカップ予選に簡単な試合はないし、厳しい戦いだから、W杯出場権獲得が決まったオーストラリア戦は、純粋に「よかったなぁ」という気持ちで見ていました。

 ハセとは予選後のコンフェデレーションズカップの話もしました。世界の強豪との対戦を心待ちにしている様子が伝わってきましたね。僕も負けていられないなという気持ちになりました。
 もう一度日本代表のユニフォームを着てプレーしたい、あのグループへ戻りたいという気持ちはあります。でも、しっかりアルビで結果を出さないと、今はただの夢でしかないから。代表のことだけを考えてサッカーをやっているわけじゃないけれど、具体的な目標として掲げられるようになるには、やるべきことがたくさんあるから。


 以前にも話したけれど、今年はルーキーのときのようにフレッシュな気持ちで「楽しくサッカーをやりたい」と考えています。周りを見る余裕がないくらい、夢中でサッカーに打ち込みたい。とはいっても、部活の延長戦上という感じだったルーキーのころとは違います。今は楽しさと厳しさとが共存しているという感じですね。いろいろな経験を経て、サッカーの厳しさも学んだし、そういう厳しさを知り、そこも追求しているから、楽しさも倍増するんじゃないかなって思っています。

 厳しさとは、やっぱり結果です。結果を追求していくことがプロだと考えています。楽しくいいプレーをしても結果がついてこなければ、意味がない。でも、いいプレーができれば、必然と結果がついてくるんだとも思うんです。だから、結果結果と考えるんじゃなくて、楽しくプレーして、良いプレーができれば、その先に得点とかアシストとかが待っているように感じています。

 先にある大きな目標や結果を目指すことも大切だけど、遠くばかりじゃなくて、足元をしっかりと見ていくことが重要だと思うんです。今日の練習、ひとつのプレーにこだわっていくこと。その積み重ねが目標へ近づけてくれるから。

アルビレックス新潟 田中達也

【構成/寺野典子】