2013年3月12日 CLシャルケ×ガラタサライ

アウェイのファーストレグを1−1で終えたシャルケは、ガラタサライをホームに迎えた。シャルケのホームタウンにはトルコ移民が多く、スタジアムにはたくさんのガラタサライサポーターがかけつけ、アウェイとは思えない力強い声援を送っていた。

そんな中キックオフされた試合、フンテラールを怪我で欠いたシャルケは、ボールをキープすることが出来ず、開始早々からガラタサライのカウンターの脅威にさらされる場面が続く。それでも前半17分シャルケが先制ゴールを決める。しかし、ガラタサライの攻撃が厚みを増し、シャルケの選手たちは追い込まれた。そして、37分にFKから同点弾を許すと、42分にも失点。1−2とされる。

2試合合計2−2ではアウェイゴールで負けてしまうため、シャルケに必要なのはあと2点。攻めに出てカウンターでやられる危険性もある中、後半開始早々からシャルケは攻勢をしかける。そして、63分GKが弾いたボールをゴール正面で受けた内田は落ち着いて、右のバストスへパス。それが決まり、シャルケは追いつく。次なる1点を目指し、その後も猛攻を続けたが実らず、逆にロスタイムにカウンターから失点。2−3で試合は終了した。

■試合後の内田篤人のコメント
 勝てないなら、こんな感じでしょ。点を取られて、点が取れず、最後カウンターでやられるってね。そういう試合は何回も見てきたけど。相手がカウンターを狙っているのはわかっていたのに。前半残り10分で試合が決定づけられた。リスタートとかミスからの失点。防ぎようがあったんじゃないかと思う。

 ドルトムントに勝っていい雰囲気で試合を迎えられたはずなのに、前半からセカンドボールを相手に拾われて、自分たちでボールを回す時間が作れなかった、ホームなのに試合の主導権を握る時間が短かった。しっかりとボールを持って、ゲームを運べないと、チャンピオンズリーグのここから上の試合は難しい。ボールが行ったり来たりしているようではダメなんだ。

 やっぱりスナイデルが不気味だったね。イヤラシイところにボールを出すし、それで周りも生きてくるから、ああいうチームを勢いに乗らせたら強い。今日はガラタサライのサポーターもたくさんいたからね。
 ハーフタイムのロッカールームではみんな意気消沈していて、下を向いていた。それでも後半が始まると相手が引いたこともあって、結構攻めに出ることができたけど、僕自身としては、相手のカウンターが怖かったから、攻めに出るのは少し早くないかっていう風にも思っていた。

 ゲームの流れを読んで、ゲームプランを考えること。それは相手のいることだから、臨機応変に対応していかなくちゃいけない。自分たちが持っているゲームプランを実践できる力がやっぱり、もっと必要かな。1点差だったらこれ、とか。アウェイとホームゲームではこういう戦い方じゃないかとか、そういうプランをしっかり持って、自分たちがやりたいサッカーをやれるようにならなくちゃいけない。

 アシストのシーンは、最初はファルファンに落そうと思ったけど、合わなかったので、ここらへんにぼんやり青いのが見えたから、パスを流した。大会が変わってもアシストが続いているので、そこはいいところだから、続けていきたい。

(ゴールが決まったときのガッツポーズについて)
 恥ずかしい。見ていましたか? 見られたくない僕の感情を出すところを見ていましたか。復帰して使い続けてもらうには、結果が一番だから。もちろん自分がアシストをしたことが嬉しいというわけじゃなくて、点が入って、2−2に追いついて、雰囲気が変わったことが良かった。

 その後も得点のチャンスはあったけど、もっとちゃんと多くのチャンスが作れる力がないとダメだね。点が取れないよりもチャンスの数が少ないほうが俺は問題だと思うから。得点力不足とかじゃなくて、形。シュートを打っても遠い場所からだったりして。もっと簡単な形でシュートが打てないのかなって。強いチームって簡単に点が取れるじゃない? ドルトムントとかバイエルンとか、バルサもそうだけど、そこらへんは技術とセンスにかかわってくるかもしれないけど、選手の能力とか、チームの。ここまで来たらそういうチームになっていかないといけない。
 そういう課題はこれだけ高いレベルの試合をやれば、出てきて当然だから。

(最後のカウンターのシーンで、周りの戻りが遅い中、内田選手が猛然と戻ってきた)
 あそこは気持ちだから。チャンピオンズリーグはすげぇ楽しいんだけど、終わらしたくなかった。

(今季のCLを振り返って)
 予選のアーセナルのアウェイとか、前半戦はあそこが醍醐味だったかな。まあ、ドルトムントに勝って、調子が良かっただけに、今日はもったいなかった。
 やっぱりチャンピオンズリーグは楽しいじゃん。でも終わっちゃった。

(今季のCLで得たものとは?)
 2大会チャンピオンズリーグに出ましたけど、この大会が日常的に自分の頭に入ってくるのは、悪いことじゃないですからね。これだけレベルの高い相手とやれるし、これだけ緊張感のあるゲーム、大会に出られるのは自分にとっては絶対にプラスなんですけど。これがこう、8とか4が日常になってくればいいかなって思う。そのためにはチャンピオンズリーグに出られるチームに居なくちゃいけないし、スタメンで出られるような位置を確保しなくちゃいけないので。日本人消えちゃったかぁ、今年はもう。

(震災から2年というタイミングの試合でしたが)
 日本人が頑張っているところをね、見せたかった。だから上まで行かなくちゃいけなかったんだけど、残っているのは俺だけだったし……。そのためにも今日勝たなくちゃいけなかったんだけど。今日の結果と震災を繋げる必要はないけど、自分の気持ちとしては、そうやって応援してくれる人がいるので、勝ちたかったなぁって思いますけど。2年は早かった。つい最近だなって思ったけどね、メッセージを書いたのも。

(もしも、バルセロナ相手に負けていたら、感触は違った?)
 どうだろうね。こいつ敵わないよって相手だったら、わからないなぁ。今回はアウェイで1−1で、光は見えていたけどね。でもまあ、終わったは終わったでしょうがない。また中3日でリーグの試合があるから、来年もこの大会へ出られるようにしっかりとやらないくちゃいけない。チームもやっと調子が上がってきたから、ここで躓いているわけにはいかないでしょ。


【取材・文/寺野典子】