香川「ホームで勝って優勝を決められたら最高ですね」
[Photo:Ina Fassbender / Reuters]


「ホームで勝って優勝を決められたら最高ですね」
 4月14日、アウェイでのシャルケ戦を終えた香川真司は本当に晴れ晴れとした表情で答えた。90分間を戦い、「もういっぱい、いっぱいですね」と言いながらもその声は明るい。2位バイエルン、3位シャルケとの上位対決は中2日での過密スケジュール。それを連勝で終えたのだから、彼がホッとするのもわかる。
 15時半キックオフのシャルケ対ドルトムント戦が終わったころに始まったバイエルン対マインツは、その後0−0で終了したため、残り3試合を残し、ドルトムントとバイエルンとの勝ち点差は8と広がった。4月21日のブンデスリーガ、ドルトムント対ボルシアMG戦の試合は17時半キックオフ。15時半に始まる試合でバイエルンが引き分けるか敗れれば、その時点でドルトムントの優勝が決まる。バイエルンが勝利したとしても、ドルトムントは勝利すれば、マイスターシャーレを掲げることができるのだ。
 リーグ2連覇に王手をかけたドルトムント。しかし、昨季は負傷のため、チームが優勝街道を走るのを外から見守るしかなかった香川にとっては、初めての優勝争いとなる。
「すごい、タフな戦いだなぁとは思います。そういう中で結果を残すのは難しいとも感じる。でもここで戦えているのは選手としては、すごく幸せなこと」と、4月11日のバイエルン戦後に語っている。

 3月30日、ホームにシュトゥットガルトを迎えた一戦で、ドルトムントは33分、49分とゴールを決めた。しかし、71分、77分、79分立て続けに失点。ボランチから後ろが混乱し、相手の勢いにおし込まれたミスも目立った。しかし、81分、87分に追加点を決め、4−3にしたものの終了間際に失点してしまい、4−4で激闘を終えた。引き分けたとはいえ、後味の悪い試合だったに違いない。

 4月7日、ヴォルフスブルクでの一戦でも2点を先制したが、後半に1点を返されてしまう。相手が一人退場者を出したというのに、とどめの3点目が決まったのは90分。ロングボールで攻め込むヴォルフスブルクに手こずる場面もあった。

「後半になるとチーム全体として、ペースが落ちている。だから、ボールを受けても余裕がないというか、みんなが疲れているのは感じます。僕らは前半から飛ばしているので、後半の戦い方は落ち着いてサッカーをすべき。特に今日は相手のDFラインが高く、その裏のスペースへ向かって攻め急ぎすぎた。 バイエルン戦は同じことをくりかえさないようにしないと。チームとしてなかなか抑えが利かないというのはあるけれど、それが俺らのスタイルだから。問題なのは3点目が取れないということだと思う」
 勝ち点を奪えたものの香川は納得がいかないという顔だった。自身も81分に交代している。

 4月12日、バイエルンを迎えたシグナル・イドナ・パークは試合前から、興奮と熱気に包まれていた。最高の試合を期待するサポーターの思いがスタジアムに充満していた。
 しかし、お互いがリスクを嫌うような形でゲームはスタートする。ピッチ状態が悪いのか、滑ってミスをする選手も多い。香川も何度かクサビのパスを受けて、ちらそうとするが、チームメイトの動きだしが悪いのか、ボールをポンと落とした場所には味方はおらず、相手ボールになってしまう場面も何度かあった。0−0のまま、後半に入ると守備への意識が強くなったのか、前線には香川とレヴァンドフスキだけが孤立するシーンも多くみられた。
「負けられない」という両チームの思いが、ゲームを堅いものにしていたのだろう。
 そんな均衡が破れたのは77分。レヴァンドフスキのゴールが決まる。74分に交代していた香川はベンチで立ち上がり、歓喜を爆発させていた。
 彼自身も交代直前の74分にシュートを打ったが決められなかった。
「交代するだろうなと思っていたので、なんとか1チャンスをモノにしたかった。シュートでいこうと思ったんですけど、もったいないですね」
 85分にバイエルンにPKのチャンスを与えるが、これを防ぎ、ドルトムントが逃げ切った。

「この勝利はかなりデカい。相手にPKを与えたけれど、ああいう外し方をして、負けたことで、相手もダメージが大きいと思う。逆にこっちはああいう勝ち方ができて嬉しいです。
 今日はプレッシャーも大きかったと思うので、そこで勝ちぬけたことがチームとして成長できたし、ここ最近失点が続いていた中で、PKを与えたけどゼロでおさえたことは大きいし、強さを示せたかな。チームとしては大きな自信になっていると思う。
 なにがなんでも勝ちたかったし、自分の得点で勝つことを意識して、やっていたけど、そういう意味でうまくいかなかったのはすごく悔しい。後半になって足に来た部分はあったし、90分戦えないのは自分のすごい課題だと思う。こういう厳しい戦いの中で、結果を残していきたいし、もっともっと存在感を出していくといううえでは、物足りない結果だったので、残念ですね」
 試合終了後はチームメイトと歓喜の輪の中ではしゃいでいた香川だったが、「喜びと悔しさが半々」と複雑な表情を浮かべてもいた。

 そして、4月14日の大一番がやってくる。
 9分に先制点を決めたシャルケは試合の主導権を握りながらも、セットプレーのチャンスを生かせない。焦れる相手を前にドルトムントはしっかりとした守備から少ないチャンスを結果につなげ、17分、63分とゴールを決めて、勝利を手にする。

「バイエルン戦で、ひとつの山を越えて、チームとしてもやりきった感みたいなものが出ていたから、精神的にも肉体的にもシャルケ戦へ向けての準備はすごく難しかった。アップをしているときから、今日は大丈夫かなっていう感じもあったけど、試合になったら、キレはないなりに動けた感じはあった。
厳しい日程で厳しい相手との連戦というのは分かっていたから、集中力ということだけを意識していた。アウェイの雰囲気に飲まれないように自分を鼓舞しながら、前半はやっていました。
 シャルケはフィジカルを押し出して、攻め込んでいましたけど、そこを凌いでね、逆転勝ちをするというのは、今のチームの強さを示している。勢いだけじゃなくて、25試合負けなしが続いているという強さをこの試合でも表せたと思う」

 シャルケ戦でもバイエルン戦同様にチームとしての連動が乏しく、香川自身もいつものようなプレーを見せることはできなかった。しかし、冒頭で紹介したように彼の顔は晴れ晴れとした清々しさに満ちていた。シャルケ戦の勝利はバイエルン戦の勝利以上に格別だった。
「今日は本当に勝つために、何をすべきかということを考えてプレーしていた。内容も大事ですけど、勝つことがそれ以上に大事な試合。ここで負けたら、バイエルン戦に勝ったことの意味もなくなるので」
 フィジカル・コンディションは万全ではないが、それでもやれることをやりきれたという満足感が伝わってくる。
 
 1週間前のヴォルフスブルク戦では、勢いに任せて得点しても、とどめを指すゴールが決められず苦労していたドルトムント。しかし、上位対決2連戦では耐えて凌ぎ勝ちきる、堂々たる強さを発揮する。思うようなプレー、自分たちのサッカーができずとも苦境を打開するたくましさがあった。
 CLやELの準々決勝を経て、ドルトムント戦を迎えるバイエルンやシャルケと比べれば、CLをグループリーグで敗退したドルトムントは有利な状況だと考えられたが、実際は週2試合というペースに慣れていないせいか、ドルトムントのほうが“連戦”に対して神経質になっていたのかもしれない。
 しかし、逆に疲れを意識し、終盤での失速を嫌い、前半から飛ばせなかったことで、ドルトムントの一発の威力が増したようにも思えた。

 長いリハビリを終えて、チームに復帰した香川は、シーズン当初はコンディションが上がらずに苦しんでいた。試合に勝っても、自身のプレーの出来に納得がいかず、吹っ切れない思いを抱えているようだった。しかし、体調が回復し、試合勘を取り戻すと生き生きと輝き、得点も量産する。
 そして、優勝争いというプレッシャーを初めて体験しながら、彼は成長した。
「リーグ終盤のバイエルン戦を戦い、次もシャルケというタフな相手。メンタルとフィジカルのコンディションをいいところに持っていく難しさを感じました。今日は100%じゃない中で試合をやらなくちゃいけないというのは苦しかったけど、投げ出すことにはいかないので、自分自身がやることをね、最大限やろうと、心がけた。シンプルな攻撃して、守備でもがんばる。ただ勝つことだけ、勝ちきることだけを意識していました」
 焦れずに耐え抜く力を身につけたのはドルトムントだけではなく、香川自身も同じだったのかもしれない。

 ドイツでは「香川のもとにマンチェスター・ユナイテッドからのオファーが届く」と盛んに報じられているが、ロンドン在住の日本人記者は「イングランドでは香川獲得という話はまだ出ていない」と、ドイツメディアの盛り上がりにクビをかしげていた。
 トップクラブで活躍するアタッカーの多くは、大一番、重要なゲームで結果を残す、勝負強さが求められる。そういう意味で、この2連戦で結果を残せなかった香川への評価は厳しくなるだろうというジャーナリストもいる。香川がCLや昨季のELで結果が残せていないのも事実だ。どちらもグループリーグで敗退した。それでも、香川はまだ23歳になったばかり。実績以上に可能性に賭ける価値がある年齢だ。

 優勝決定後、香川の周辺は騒がしさを増すだろう。契約延長のオファーをするドルトムントに対する彼の決断に、注目が集まっている。
 もしも届いているとすれば、マンチェスター・ユナイテッドからのオファーに魅力を感じない選手は少ないだろう。それでも、ドルトムントに留まり、来季CLで活躍し、リーグ3連覇を達成後、もしくはW杯で大きな結果を残したのちに、念願のスペイン行きを目指すというのも悪くはない。

 自身の価値を上げるためにも、次節のボルシアMG戦ではゴールを決めて、チームを優勝へ導きたいに違いない。しかし、それは簡単なことではない。でもだからこそ、挑戦する意味がある。長いシーズンの疲労を抱えながらも、結果を残すことができれば、香川はたくましく、タフなファイターへと成長できるはずだから。