チェルシーの新監督となったアンドレ・ヴィラス・ボアス(33歳)が、自分を、ジョゼ・モウリーニョ(現レアル・マドリー監督)のニックネームである“スペシャル・ワン”と呼ぶのは、クラブで成功を収めてからにしてほしいと訴えた。

ビッグクラブの陣頭指揮を任されたヴィラス・ボアス監督は、自分の使命はマンチェスター・ユナイテッドからプレミアリーグ王者の称号を奪還すること、そして悲願のCL優勝を果たすことだと明かした。

それでかでも、このポルトガル人監督の肩に圧し掛かるプレッシャーは相当なものだが、このロンドンのクラブに数々のタイトルをもたらした同胞ジョゼ・モウリーニョ監督と常に比較されることが更なるプレッシャーとなっている。

ヴィラス・ボアス監督は、記者会見の席で、「皆さん。成功した時にそのタイトル(スペシャル・ワン)が私に与えられるのを待っている。私は成功を収めたいし、最後には皆さんから良い称号をもらえると期待している。成功することはワンマンショーではない。共感、モチベーション、野心を生み出すことの問題であり、あらゆる点で全員の熱意を高めることだ。選手のみならず、スタッフやこの組織に携わる全員が同じ気持ちでなければならない」とコメント。チェルシーで成功を収める野心があることをアピールした。