7日、日本代表はチェコ代表と対戦し、0-0で引き分けた。この結果、キリンカップ2011は日本、チェコ、ペルーの3カ国が優勝を分け合った。以下は試合後の選手コメント。

内田篤人
「もう少し慣れれば無駄な動きがなくなってくるんじゃないかと思いますが、最初としては悪くないと思います。点が取れればよかったんですが。守備ではセットプレーぐらいで危ないシーンはなかったと思います。もう少しあの高いポジションの位置でボールを持つことに慣れればもっとおもしろいと思います」

長谷部誠
「もちろん前の試合よりはよかったと思いますが、ただ2試合ともスコアレスで終わってしまったということに関しては、結果を求められる代表という場で満足できるものではないですね。最後のところで、個人的にもチームとしてもゴールが取れなかったので、気持ちとしては悔しいものがあります。1点取って勝つのと2試合を0-0で終わるのでは気持ちがまるで違いますから。
 勝って次に勢いをつけたかったのですが。守備もこの前よりよかったと思います。相手で怖いのはセットプレーでしたから。守備に関してはある程度の高いレベルでやれたと思います。攻撃の部分では自分たちのやりたいいい形でゴール前まで行っても、こういうヨーロッパのチーム相手だと決められない。今までの課題であったのかもしれないですが。永遠の課題だと思います。
 ハーフタイムで監督は『3-4-3は公式戦2試合目としては信じられないくらい非常にうまくいっている。後半はいつも落ちちゃうので続けてやっていこう』ということでした。後半のほうがチャンスは多く作れたと思うのですが、20分から25分は停滞しちゃったので、その部分は試合を通していい形を作っていきたいと思います。3-4-3についての手応えはこの前の試合よりも間違いなくあります。2試合連続スコアレスは選手としてもとても悔しいし、代表というのは結果を残してナンボだと思いますので、手応えよりも悔しさがあります」

取材/森雅史