オランダ代表のベルト・ファン・マルヴァイク監督は、ハンガリーとの強化試合で脚を負傷したアルイェン・ロッベンについて、チームに合流するのを待っていると話した。

ロッベンは6−1で勝利した土曜日の試合で、終盤にハムストリングを傷めた。代表チームは試合後すぐに南アフリカへ飛んだが、ロッベンはアムステルダムに残り検査を受けた。しかし、症状は当初思っていたよりも悪くはなかったようだ。

ファン・マルヴァイク監督はオランダの放送局に対し、「アルイェンに代えて追加の選手を招集することはない。彼がW杯に出場できるようにあらゆるチャンスを与えたい」と話したという。

ロッベンは今週後半にチームに合流する予定で、オランダは14日にデンマークとの初戦を迎える。