インテルのマッシモ・モラッティ会長は6日付のコリエーレ・デッロ・スポルト紙に、ラファ・ベニーテス前リヴァプール監督と契約するかどうか、来週中に決めると話した。

「彼(ベニーテス)が我々の目指す方向にふさわしい監督なのか見極めて、数日中に決断する。優秀な監督だから、彼についてはいいことしか思いつかないけれどね」と同会長は話した。

インテルをチャンピオンズリーグ優勝に導いたジョゼ・モウリーニョはシーズン終了後、レアル・マドリーへ移った。ベニーテスはチェルシーの監督時代のモウリーニョに対してはすばらしい対戦成績を持っている。
「それは分かっているよ。彼(ベニーテス)は彼(モウリーニョ)に5回勝ってるんだよね。それは彼がうまくチームを準備し、大事な試合に勝てる監督だという証だ。彼がヨーロッパで好結果を出せてきたのは大事なことなんだ。ヨーロッパの舞台で成功を続けることが引き続き我々の目標だから」と話した。