ウェストハムは11日、ジャンフランコ・ゾラ監督(43歳)を解任した。

「ウェストハムはジャンフランコ・ゾラとの契約を解消した。理事会は彼の貢献に感謝し、今後の活躍を祈っている。クラブは今後、後任監督探しに焦点を絞ることになる」との声明を出している。

ゾラはファンには人気があったが、2年間の任期でクラブに成功をもたらすことはできなかった。1年目はチームを9位に導き、2009年4月に新たに4年契約を結んだものの、今季はぎりぎりの17位で残留を決めている。

後任にはポーツマスのアヴラム・グラント監督や、マン・シティを昨年末に解任されて以来フリーのマーク・ヒューズ、アラン・カービッシュリー、アラン・パーデューなどかつてウェストハムで監督を務めた人物たちの名前も上がっている。