クラース・ヤン・フンテラール(26歳)の代理人が、このオランダ代表FWにプレミアリーグの複数のクラブが興味を示していると明かした。

フンテラールはW杯出場メンバーに選ばれるためにも、期限付き移籍でミランを離れることを希望している。昨夏にレアル・マドリーからミランに加入したフンテラールだが、インパクトを残すことができずに、イングランドへの移籍話が浮上しているのだ。

ウェストハムは、ルート・ファン・ニステルロイの獲得に失敗したため、フンテラールに標的を変えたと言われており、またオランダの報道ではエヴァトンがすでに交渉を開始したという。

フンテラールの代理人は、「イングランドのいくつかのクラブが選手に興味を持っているのは確かだ。だが、ここで名前を挙げるのは差し控えたい」とだけ話した。