前ローマ監督のルチアーノ・スパレッティが、ゼニト・サンクトペテルブルクの監督に就任したと、ロシアのクラブが11日に発表した。

今季のローマはセリエA開幕から2連敗、スタートダッシュに失敗したため監督を辞任していた。50歳になるイタリア人監督は、ゼニトとは3年契約を結んだ。