チェルシー逆転勝利で8強/FA杯

アネルカがハットトリック

14日に行われたFAカップ5回戦の試合で、チェルシーはアウェイで2部のワトフォードと対戦、アネルカのハットトリックで3−1で勝利した。

前半を0−0で終えた試合は、70分にワトフォードが先制。しかし、フース・ヒディンク新監督がスタンドで見守る中、チェルシーはその6分後にアネルカが 至近距離から決めて追いつくと、その1分後にはアシュリー・コールのクロスを頭で押し込んで逆転に成功。ロスタイムには三たびアネルカがネットを揺らし た。

そのほかのスウォンジー対フラム(1−1)、ブラックバーン対コヴェントリー(2−2)、シェフィールド・ユナイテッド対ハル(1−1)、ウェストハム対ミドルズブラ(1−1)はいずれもドローに終わり、再試合となった。

トッテナム、セルビア代表の新星に触手

セルビア代表の新星、ダルコ・ラゾヴィッチ(18歳)が、トッテナム・ホットスパーで過ごした1週間がいかに充実していたか熱く語った。

プレミアリーグのクラブでトライアルを受けたラゾヴィッチは、母国セルビアリーグのボラツ・ツァツァクでプレーしているが、“セルビアで最も将来有望な選手”とすでに高い評価を受けている。

ラゾヴィッチは「全てが自分の望みどおりだった。偉大なクラブから素晴らしい印象を受けて帰ってきた」とコメント。スパーズがラゾヴィッチ獲得に向けて本 格的に動きだすと見られているが、本人は「将来に対する焦りはない、時期が来るのを待ち適切な判断を下したい」と話している。

マイコン、CLマンU戦出場に赤信号

インテルのサイドバック、マイコンが13日の練習中に太ももを痛めたことが分かった。

インテルは、今回の怪我でマイコンが今週末行われるミラノ・ダービー を欠場することが決まったと公表。怪我の詳細については明らかになっていないが、24日サンシーロで開催されるCL決勝トーナメントのマンチェスター・ユナイテッド戦(ファーストレグ)にも出られない可能性が高くなった。

ヴェンゲル監督「FA杯カーディフ戦も全力で挑む」

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が今週末開催されるFAカップ4回戦(再試合)を軽んじてはいないと主張、格下のカーディフ・シティにも全力で挑むつもりだと語った。

 主力選手の負傷離脱で現在5位に甘んじているアーセナルは、首位マンチェスター・ユナイテッドには12ポイント差をつけられている。

ヴェンゲル監督は「試合に向けてしっかりと準備したい。我々はこの試合の重要性を十分理解しているし、これに専念する必要がある」と話し、ここ11試合の不敗記録を勝利で更新したいと締めくくった。

ビジャ、移籍の噂を完全無視

バレンシアのエース、ダビド・ビジャが「クラブの財政問題緩和の一環として自分が夏に売却されるという話は聞いていない」と話し、今はクラブが4位以内でフィニッシュすることに集中しているとアピールした。

スペインのメディアは“今夏の移籍市場で複数選手を手放さない限り、バレンシアの抱える財務リスクはより厄介なものへと発展する”と書き立て、ユヴェントス、バルセロナといった海外のビッグクラブから熱視線を浴びるビジャの移籍を確実視している。

しかし、ビジャ自身は「移籍については、実際に話が持ち上がった時に考えて決断するつもりだ。クラブが僕を売りたがっている、あるいは手放したり、拘束したりしようと試みていると言ってきた人は誰もいない。すべてが憶測だし、今後何が起こるか誰一人として確実には知らない。僕はプレーすることを考え続けるよ。今年すべきことはまだたくさんあるからね」と噂を一蹴している。

ベッカムのミラン完全移籍消滅

デイヴィッド・ベッカムのミランへの完全移籍は、メジャーリーグサッカーが設定した移籍期限の13日になっても、金額で折り合わずに、消滅した模様だ。

ギャラクシーのブルース・アリーナGMは声明で、「メジャーリーグサッカーのドン・ガーバー・コミッショナーが設定したデイヴィッド・ベッカムの移籍に関 する期限は今日までだったが、我々はミランから納得できるオファーを受け取らなかった。その結果、デイヴィッドはLAギャラクシーに残ることになった。我 々は3月9日に彼がクラブに戻るのを待ち望んでいる」と発表した。

ギャラクシーは先週ミランが提示したオファーを断っている。

ホッフェンハイム、今季ホーム初黒星/ブンデスリーガ第20節

レヴァークーゼンに4−1

13日に行われたブンデスリーガ第20節の試合で、レヴァークーゼンがアウェイで首位のホッフェンハイムに4−1と快勝した。

レヴァークーゼンは開始12分のうちに、ヘルメスとロルフェスのゴールで2点をリード、ホッフェンハイムもPKで1点を返すが、ヘルメスが前半終了間際にこの日2点目を入れると、後半に入ってすぐにカストロがだめ押し点を入れた。

ホッフェンハイムはこれがホーム今季初黒星。レヴァークーゼンは勝ち点を36に伸ばして、首位に3ポイント差に迫った。

14日に行われる、2、3位対決のバイエルン・ミュンヘン対ヘルタ・ベルリン戦で勝者が出れば、首位が入れ替わることになる。
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ